GOのPrintについてメモ

参考:https://qiita.com/taji-taji/items/77845ef744da7c88a6fe

標準出力

fmt.Print("Hello world!")

出力ではなくフォーマットした結果を文字列を返却

hello := fmt.Sprint("Hello world!") 
fmt.Print(hello) // -> Hello world!

フォーマットを指定

hello := "Hello world!"
fmt.Printf("%s\n", hello)
fmt.Printf("%#v\n", hello)
// -> Hello world!
// "Hello world!"

補足:フォーマットについては下記を参考にする fmt パッケージ - golang.jp

GOのpackageについてメモ

参考:http://gihyo.jp/dev/feature/01/go_4beginners/0001?page=3

gosampleパッケージを作ります

package gosample
 
var Message string = "hello world"

mainパッケージを作ります

package main
import (
    "fmt"
    "gosample"
)
 
func main() {
    fmt.Println(gosample.Message) // hello world
}
 ```

$ go run main.go
main.go:5:5: cannot find package "gosample" in any of:

とか出た場合$GOPATHとか$GOROOTとかが通ってない可能性があるので
適宜exportコマンドで追加します。

treeコマンドをMacにインストール

概要

フォルダのツリーをターミナルから確認したい時に使います。

インストール

$ brew install tree
便利なコマンドなのでインストール(超簡単)

こんな感じで使える
$ tree src
src
├── gosample
│ └── gosample.go
└── main
└── main.go

2 directories, 2 files

GO開発環境

goenv インストール

Homebrewでインストールする。
$ brew install goenv
$ goenv install -l

必要なバージョンをインストール

$ goenv install 1.7.5

Goのワークスペース作成

$ cd
$ mkdir go
$ mkdir ~/go/{bin,pkg,src}
$ mkdir ~/go/src/git.dmm.com
$ mkdir ~/go/src/git.dmm.com/ntpf

以下の設定を追記してgoコマンドのパスを通す。

記載ファイル:~/.bash_profile
$ cd
$ vi ~/.bash_profile

```
export PATH="$HOME/.goenv/shims:$PATH"
eval "$(goenv init -)
export GOPATH="$HOME/go"
export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin:$GOPATH/bin
```

$source ~/.bash_profile で再起動
$goenv global 1.7.5
$go version これでバージョンがでればOK

Dockerのインストール

概要

Dockerはコンテナ型の仮想化環境を作ってくれます。
非常に軽量なコンテナ型のアプリケーション実行環境らしいっす。

早速Docker インストール

$ brew cask install docker

自分が入れた各種バージョンのメモ

$ docker --version
Docker version 18.03.1-ce, build 9ee9f40
$ docker-compose --version
docker-compose version 1.21.1, build 5a3f1a3
$ docker-machine --version
docker-machine version 0.14.0, build 89b8332

参考

とりいそぎhomebrewでDocker for Mac 1.12をインストールする
http://labs.timedia.co.jp/2016/08/homebrewdocker-for-mac-112.html
※ caskって何?って方に
Macのセッティングが楽チンに!『Homebrew Cask』でソフトを簡単インストール
http://www.lifehacker.jp/2015/08/150823_homebrew_cask.html

homebrewのインストール

homebrewとは?パッケージ管理システムとは?

Mac OS Xオペレーティングシステム上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつである

homebrewのインストール


1.ターミナル起動

2.「xcode-select --install」と打ち込んで出てくるウィンドウで「インストール」を選択

3.「ソフトフェアがインストールされました」と表示されるまで待つ

4.homebrewをインストールするため、ターミナルに「/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/H
omebrew/install/master/install)"」と打ち込んでエンター

5.パスワードが求められるのでPCのパスワード入れてエンターするとインストールが開始される
6.ターミナルに「brew update」と打ち込んで一応最新版にしておく
7.Already up-to-date.とか出たら完了

githubの設定

メモ

gitの設定らしい

実行したコマンドメモ

$ install -m 0700 -d ~/.ssh
$cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/(username)/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
何か聞かれたら3回エンターを押せば、id_rsaとid_rsa.pubの2つの鍵が生成される。